大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

触れる、磨く、撫でる、愛を伝える。

「応急手当」などに医療行為にも使われる「手当て」という語は、文字通り「手を当てる」行為から由来すると聞く。

薬も何もなくても、手を当てるだけで、人の身体を癒すことはあるのだろう。

 

お腹が痛くなってうずくまる子どもの背中を、ゆっくりとさするだけで何かが流れるような気がしたり、不安で仕方がないときに手を握ってもらって安心したり、ネコの喉をさするとゴロゴロと喉を鳴らして嬉しそうにしたり。

人の身体というのは不思議なものなのだろうけれど、手で触れるというのは、それだけ特別な意味を持つような気がする。

 

それは、人間や生きもの相手だけの話でもないように思う。

道具なんかも、同じような気がする。

 

たとえば、靴磨きなんかは、その最たるものだろう。

普段あまり気にしていない足元の靴を磨いていると、なんだか靴に愛着と感謝が湧いてくる。

きれいに磨いた靴を履くと、とても満たされた心持ちになる。

靴に愛情を注ぎ、また靴からそれが循環していくような。

 

磨く、という手で触れる行為には、その対象に意識を向け、愛を差し向ける効用があるように思う。

そして、拭いている間は無心になれる。

いつもあくせくして止まらない思考が、ゆるやかに静かになるように思う。

 

たとえば、リビングの床や窓を拭き掃除したりするのも、同じことが言える。

普段気づかなかった汚れを拭いて落としていると、無心になり、心穏やかになることが多い。

 

たとえば、このブログを書いているノートPCなんかも、よく拭いている。

よく触れるキーボードなんかはすぐ汚れるので、使う前に拭きながら、ブログの内容を考えてみたり。

もっと文章がうまくなりたいなと思いながら、拭いてみたり。

弘法大使は筆を選ばなかったそうだが、それでも使う筆は大切にしていたのだろうかと、よしなしごとを考えてみたり。

そうこうしているうちに、きれいになったキーボードを見て、気分がスッキリするのだ。

 

触れるという行為は、その対象に自分が愛を差し向けていると言えるのかもしれない。

 

時に、自分が触れるものに、自覚的になることも大切なように思う。

 

f:id:kappou_oosaki:20210619103642j:plain

ノートPC磨きセット。