大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

「チャンピオンの拳」

さて、おかげさまで無事に「2021 優駿エッセイ賞」への応募が完了しました。

 

oosakinaoto.com

 

レターパックの番号から確認すると、きちんと到着したようで、少しほっとしております。

最後の最後でバタバタしてしまいましたが、平静でない精神状態のときに、事務作業をするとどうなるのか、身に染みて分かりました。

 

何はともあれ、あとは結果を待つだけです。

たくさんの方に、応援をいただきまして、本当に感謝しております。

ありがとうございます。

 

 

無事に投函が終わって、少しぼんやりとしているとき、ある漫画の場面が思い出されました。

 

ボクシング漫画の「はじめの一歩」という漫画です。

週刊少年マガジンで連載されていて、私が中学生、高校生のころによく読んでいた漫画です。

 

いじめられっ子だった主人公の幕之内一歩が、ひょんなことからボクシングに出会い、その秘められた才能を開花させて、歴戦のライバルたちと激闘を繰り広げる…そんなストーリーです。

 

思い出していたのは、その主人公の一歩が、初めて日本チャンピオンに挑むタイトル戦の場面です。

現・王者の伊達英二とスパーリングをした主人公の一歩は、伊達から「拳が軽い」と言われたことを気にします。

試合が近づいたある日、ジムの先輩である鷹村にそのことを問うたところ、すでに日本チャンピオンであった鷹村は、拳の重みについてこう語ります。

 

チャンピオンて看板にゃ色々なモンがついてくる

 

期待してくれるヤツ

夢を託してくれるヤツ

目標にしてくれるヤツ

 

そいつらの想いが全部

拳にこびりついてんだ

 

だから、チャンピオンの拳は重いんだ、と。

そのチャンピオンの拳の重さに、主人公の一歩は生涯初めての敗戦を、そのタイトル戦で喫します。

 

チャンピオンの拳の重さ。

そうなのかもしれません。

 

翻って、今回私が応募を公表したことは、「想いを乗せる」ことなのかもしれない、と思いました。

 

どうしても、自立が行き過ぎると、すべて自分の力でやろうとしがちです。

そして、周りの応援を、愛を、受け取れなくなる。

 

もちろん、そうなってしまう裏側には、そうならざるを得ない理由があったのでしょう。

そのこと自体は、良くも悪くもなく、ただ「過程」にいるのだとは思います。

 

けれど、周りの応援を受け取れるようになったとき、また違った景色が見れるのかもしれません。

それは、上に挙げた「チャンピオンの拳の重さ」と同じように。

 

自分だけのために戦っている拳は、軽い。

それは、誰かのために戦うとしても、同じです。

世界には、自分しかいないからです。

 

周りの大切な人たちの想いを乗せた拳は、重い。

 

応募を公表することは、文章に、言葉に多くの人の想いを乗せ、魂を宿らせることなのかもしれません。

 

あらためて、たくさんの応援を、ありがとうございます。

今回の結果がどうあれ、そのいただいた想いを乗せて、文章を書いていきたいと思います。

ありがとうございました。