大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

ストレッチ日記 ~やわらかさは、小さな負荷と。

さて、ゆるりと続けているストレッチ日記。

今週はがんばりまして、一週間休まずにコンプリートすることができました。

 

始める前はめんどくさいのですが、30分ほど、ゆっくりと身体を伸ばしていくと、だんだんと心地よくなっていきます。

そして終わった後は、ほどよい達成感と、気持ちよさが残ります。

その少しの落差が、とても心地よいのかもしれません。

 

10分弱の全身のストレッチ動画と、同じく10分ほどの股関節のストレッチを2本。

そのおかげか、デスクワークの肩と腰の痛みが和らいでいるように感じます。

ありがたいかぎりです。

 

 

その身体的な恩恵もさることながら、心理的な恩恵も大きいように感じます。

 

「何もしない、自分の身体をメンテナンスする、対話する時間」を取ること。

それは、心のメンテナンスをすることのようにも感じるのです。

 

身体と、心は連動しているように。

身体が固くなると、心もまたやわらかさを失うのかもしれません。

 

その逆もまた然りで、どうも感情に滞りがあったり、吐き出せない何かがあると、身体が固くなるような気がします。

以前にも書いたことがあるような気がしますが、滞った感情は、身体のどこかに溜まっているのかもしれません。

 

身体に、やわらかさを保ち続けること。

そのためには、小さくてもいいので、少しずつ負荷をかけ続けることが大事なようです。

 

深く息を吐いて、吸ってをしながら。

少し身体を伸ばして負荷をかけ、伸びていることを感じていく。

無理せず、ゆっくり、ゆっくり息を吐いて、身体の部位が伸びていることを感じていく。

心地よい時間です。

 

やわらかさを得るためには、負荷をかけないといけないというのが、人の身体の面白いところです。

 

やわらかさとは、しなやかさであり、強さであるのかもしれません。