大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー。それでも、愛することを諦めきれないあなたへ。

ランニングの再開と、「やる気」についてのパラドックス

何か外的要因で「やる気」を出すのは簡単だけれども、自ら「やる気」を出すのは本当に難しい。

雑誌やネットで「健康にいい」という情報を見て、「やってみよう」と思い立っても、なかなか「腰をあげて実際にやる」までには至らない、というように。

「やる気」は、「やりはじめないと出ない」という天邪鬼な性格のようだ。

ということは、「やる気を出すことの」よりも、「やる気がなくても、とりあえずやり始める」ことの方が大切なのかもしれない。

また少しずつ走り始めた。

以前のように疲労骨折しても走り続ける、みたいな「続けられないと自分には価値がない」という思い込みではなくて、無理せず、できる範囲で。

やはり走ったり、身体を動かすことは、思考やメンタルに大きく影響するようで、ぐるぐるとしていた思考も、ランニングから帰ってくるとスッキリする。

走り始めてしまえば、道行く景色だったり、今日の月の表情であったり、あるいは今日の流れる空気の雰囲気だったり、楽しみがあって飽きない。

ある程度走って身体が暖まると、心地よくなってくるし、その日の眠りの質も深いように思う。

けれど、それは分かっているんだけれど…これが走り始めるまでが面倒で、時間を見つけて、着替えて外に出る、というところまでたどり着くまでがネックだ。

走ること自体が苦痛なのではなくて、走り始めるまでが苦痛なのだ。

それもそのはず、「やる気」を生み出すのは、脳の側坐核という場所にあり、そこに刺激が与えられることで活性化し、「やる気」が生み出される、という仕組みになっているそうなのだ。

つまり、「やる気」を出そうとするならば、「やり始めるしかない」というパラドックス。

やりはじめないと、やる気は出ないらしい。

ということは、ランニングなり、他の何かでも、自分がいいと思う習慣を続けようとするならば、それを半強制的にでも「やり始める」状況を作るのが早いようだ。

どういう状況なら、必ず「やり始める」ことができるのか。

「やり始める」ハードルを、いかに下げるのか。

そういったことを楽しんで考えていくのも、習慣化の楽しさのように思う。

ということで、せっかく再開したランニングであるので、そのランニンググッズ(着替えとシューズ)を、普段の通勤の車に積んでおくことにした。

家に帰ってくつろいでしまう前に、着替えて1キロでもいいから走る。

何なら、着替えただけでもよしとする。

それくらい「やり始める」ハードルを下げて、末永く走り続けてみようと思う。

f:id:kappou_oosaki:20190317202147j:plain

ランニングしていると、いつもの街並みからこんな美しい夜景が見えることもある。

そして、ランニングはさまざまなところへ走っているように見えて、実はどこへも行っていない。

必ずスタート地点へ帰ってくる。

どこへも行かない。

このあたり、ランニングと瞑想が似ているところでもある。

そしてそれはまた、人生の縮図でもある。

遠くへ来たように思えても、実はどこにも行っていない。

私はここにいる。

あなたはここにいる。

ここにしか私はいない。

ここにしかあなたはいない。

また、走り続けてみよう。