大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー。それでも、愛することを諦めきれないあなたへ。

不完全なままでこそ。

ずいぶんと気温が高くなり、蒸すようになった。

また暑い夏が近づいてきたことを実感する。

前日には、久しぶりに梅雨らしい雨が降った。 

ふと以前から定点観測を続けている広葉樹に目が行った。 

f:id:kappou_oosaki:20190628083117j:plain

梅雨の合間の陽の光に照らされて、小さな青い実が、輝いていた。

ほんの少し前には、新緑の空に向かって新芽を伸ばしていたことに感動したのだが、いつのまにか時は流れて、新しい時間になっていたようだった。

この小さな可愛い生命のかけらは、いつ実るのだろか。

ぼんやりとそんなことを考えながら、雲の多い空を眺めていた。

いつだって、彼らはことわりを教えてくれる。

個々の点に目を移せば、どの点でも不完全で、途上で、未完だ。

それでも、彼らが不完全か?と問われると、そうではない、と思う。

完全なサイクルの中に、いつもいる。

神様の意志なのか、宇宙を動かす物理法則なのか、仏様の恩寵なのか、この星の意志なのか、分からないけれど、何か大きな力に乗せられて、その船は河口へとゆっくり流れていくようだ。

その流れに、ただただ揺蕩っている。

いつも私は、

新芽が出ていない、とか

まだ実が青い、とか

葉が大きくならない、とか

実が落ちてしまった、とか

葉が落ちて枯れてしまった、とか…

ある一瞬をとらえては、不完全さを嘆く。

されど、これほど完全に動いている船もないだろうに。

いや、もしかしたら、完全であることを知っているからこそ、不完全さを嘆いて戯れることができるのかもしれない。

不完全なままでこそ。