大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー。それでも、愛することを諦めきれないあなたへ。

朔日の熱田さんを歩く。

四月、ついたち。
年度替わり、節目の日に熱田神宮を訪れた。

f:id:kappou_oosaki:20210402055408j:plain

「朔日参り」という言葉がある通り、いつもよりずっと人出が多かった。
出店もあるようで、参道で準備が進んでいた。

リクルートスーツに身を包んだ若い方たち、10人くらいが、宮司さんの後を厳かに歩いていく。
隣の神宮会館で、入社式があるらしい。
その前に、ご祈祷をするのだろうか。

もう20年近くも前の、自分のことを想う。
新しく社会人としての歩みを初めた方々に、心の中でエールを送る。

それは、とりもなおさず、自分へのエールなのだが。

f:id:kappou_oosaki:20210402055358j:plain

境内の桜は、もう散り際で。
もう3分の1くらいが、葉桜になっていた。

それにしても、ほんの1週間ほどの間に、淡いピンクから新緑の緑へと衣替えをしてしまうものだと、妙に感心する。
その力の偉大さを想う。

本殿には、多くの参拝者が頭を下げていた。
やはり、何かの節目の際には、こうして折り目をつけたくなるのが人情なのだろうか。

ついたちは、朔日と書く。
朔とは、新月のことを指す。

月の満ち欠けを基準とした、旧暦の名残。
翻っていまは、太陽暦。
太陽を基準として、1年を365日とし、それを12か月にする。

新月という目に見える変化がわかる旧暦に比べ、太陽暦のいまの「ついたち」とは、便宜上分けたものに過ぎないのかもしれない。
それでも、月が替わると、どこか気持ちは新しくなるものだ。

良い/悪いではなく。
ただ、いまの新暦の「ついたち」があるだけ。

参道を歩きながら、それはどこか調律法の平均律と純正律を思い出していた。

ピアノなどに使われる平均律は、1オクターブを12等分して、すべての調で均等に美しい響きが奏でられるようにする。
その反面、すべてが少しずつ等しくずれていることで、純正な音程や和音を出すことはできない。

一方で、オーケストラや合唱では、純正律が使われる。
音の重なりが美しく響くように、比率を整える調律。
かつてバッハの時代の鍵盤楽器には、演奏する曲調に応じて、さまざまな調律法が使われていたと聞く。

平均律と、純正律。
陰暦と、太陽暦。

どこか、そんなことを思い出していた。

f:id:kappou_oosaki:20210402055349j:plain

そんなことを考えていると、神鶏さまの鳴き声が。

今日も、お邪魔しております。
どうも、お世話になっております、と一礼しながら。

f:id:kappou_oosaki:20210402055602j:plain

朝の陽光に包まれる、葉桜の。

やはり、葉桜が好きだ。

参拝のあと、境内の葉桜を愛でながら歩く、四月ついたち。