大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

なろうとするのではなく、ただ、そうなるだけ。

今日は中秋の名月でした。

 

聞くところによると、今年は満月と中秋の名月が、8年ぶりに同月になる暦だそうです。なんでも、中秋の名月とは旧暦の8月15日を指すそうで、必ずしも満月とは一致しないそうです。

 

なんとなく、中秋の名月=満月だと思っていた私には、新しい学びでした。

暦を知ることは、面白いものですね。

 

 

そんな中秋の名月を見上げたく、近くの少し広い公園に車を停めて、夜空を眺めていました。

しかし今日は午後から曇り空で、少し雨もぱらつくようで、残念ながら満月は綺麗に見えませんでした。

 

それにしても、ずいぶんと夜の帳が下りるのが早くなりました。

少し前までは、午後7時過ぎでも明るかったような気がしますが、もうその時間は夕闇に覆われています。

 

涼し気に吹く風、秋の虫の音色を聴きながら。

少し、満月の見えない夜空を眺めていました。

 

これまで連綿と紡がれてきた歴史の中で、多くの人が眺めたであろう、中秋の名月。

分厚い雲に隠れていようとも、それをいまこうして眺めていることが、感慨深くなります。

 

それにしても。

月はいつも何も言わず、淡々と隠れ、淡々と輝くようです。

 

なろうとするのではなく、ただ、そうなるだけ。

 

人は、何かになろうと躍起になったりするけれど。

そんなことをしなくても、流れに任せていると、ただ、そうなっていくのかもしれません。

 

はながさく

とりがうたう

 

小学校一年生の、国語の教科書の一文が、ふと浮かびました。

それは、私の小学生時代の教科書だったのか、それとも、何か別の教科書だったのか。

 

花も、鳥も。

なろうとしているわけでもなく、ただ、そうなるだけなのかもしれません。

 

ただ、そうなるだけのものを、愛でること。

それは、この上ないよろこびの一つでもあります。

 

はながさく

とりがうたう

つきがみちる

 

ふと口をついたことばは、ふわりと夜空に浮かんで、ふっと消えていきました。

 

もう一度、そのことばを呟きながら。

分厚い雨雲の向こうにある、今年の中秋の名月を眺めていました。

 

f:id:kappou_oosaki:20210921203256j:plain

満月は見えねど、地上の星もまた、よし。