大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー。それでも、愛することを諦めきれないあなたへ。

桜花慕情。

風が、強かった。

玄関の前に、花びらが数枚落ちていた。

f:id:kappou_oosaki:20200405193926j:plain

近くの川沿いから、ここまで飛んできたと思うと、どこかはかなく、どこか切ない。

その花びらに誘われて、今日も川沿いを歩く。

f:id:kappou_oosaki:20200405194034j:plain

やはり空の色が、四月に入って変わったように思う。

ぼやけたような、滲んだような三月の空から、どこかで芯の入った、その青色。

今年の桜は、ことさらに美しく感じる。

今年も変わらずそこに「在る」ことで、どれだけ多くの人を癒しているか。

f:id:kappou_oosaki:20200405193907j:plain

それなのに、一つ一つの花は、どこか控えめで。

不思議とどの花も、うつむき加減だ。

f:id:kappou_oosaki:20200405194024j:plain

見上げれば、無数の淡いピンク。

透き通ってきた、空の色。

f:id:kappou_oosaki:20200405193916j:plain

足元を見れば、今日の強い風に散ったのか、すでに多くの花びらが。

地の花びらは、どこか頭上のそれよりも、濃い色をしているように思えた。