大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー。それでも、愛することを諦めきれないあなたへ。

蜃気楼とクロール。

そもそも運動神経は良くない方だが、それに輪をかけて水泳はダメだった。

家にバットとグローブがあって、ボールを投げることに親しんでいた分、球技はまだマシだったのかもしれない。

跳び箱、マット運動などの器械体操系は、まったく苦手だった。
軽々と跳び箱を跳んでいく友人たちを、うらやましく眺めていた。

あれは、小学生のいつの夏休みだっただろう。

「クロールで25m泳げない生徒のための夏休み特別講習」があった。

小学校低学年だと、泳げない子がほとんどだろうから、やはり5,6年生のころだったのだろうか。
多くの子たちがクロール25mをクリアし、背泳ぎやバタフライに挑戦していく中、私は息継ぎがどうしてもできなかった。

水面から顔を出して息を継ぐのが、怖かったのだろうか。

毎回、25mプールの半分くらいまで行けばいい方だった。

軽々と息継ぎをマスターした周りの子たちを見ると、自分もできそうな気もするのだが、実際にやってみると足がついてしまう。

果たして私は、その特別講習の名簿に載せられ、貴重な夏休みに学校に通う羽目になった。

貴重な、といっても、私の夏休みは近所の公園で昆虫と戯れるくらいしか、予定はなかったのではあるが。

当時、学校の先生も毎日、それに付き合ってくれていたと思うと、先生も大変だったのだろうなぁ、と感慨深い。

特別講習に通うメンバーは、20人くらいいただろうか。
いや、30人くらいだったか。

その中に、私の親しい友人はいなかった。

毎日の講習の終わりに、25mを泳ぐテストがあり、それをクリアすると翌日から来なくてもいいシステムだった。

夏の終わりが近づくごとに、特別講習に参加するメンバーは櫛の歯が欠けていくように減っていった。

みな、テストに合格して無罪放免となっていく。

私はといえば、相変わらず息継ぎができずにいた。

この特別講習の期間だけは、学校に自転車で通うことが許されていたのが、救いだった。
一人、あの暑い夏の通学路を歩いて通うのは、嫌だったから。

酷暑が続くいまよりも、もう少しソフトな暑さだったような気はする。
それでも、帰り道の信号待ちで、遠くの方のアスファルトを見遣ると、チロチロと逃げ水がうごめき、ゆらゆらと蜃気楼が揺れていた。

今日も、ダメだったか。

しょげかえった少年は、その蜃気楼にケラケラと笑われているように思えた。

どこか、出口のない迷路のような夏だった。

クロールをできなくても、季節は流れる。

いつしか、特別講習も最後の日になった。
もう、2学期はすぐそこまできていた。

この日まで残ったエリートは、私を含めて3人くらいだった。

身体のことは、ほんとうに思うようにいかないものだ。

つくづく、当時の小さな私はそう感じていた。

身体どころか、心すらも、思うままにならぬことを知るのは、だいぶ後のことだが。

必死に手を大きく回す。
足を太ももから動かす。

そして。

水面から、顔を出す。

えいやっ

と息を吸った。

気付くと、私は端の壁面に手をついていた。

はじめて、自力で25mを泳いだ。

それも、特別講習の最後の日だった。

喜びよりも、ほっとしたような気がする。

他の子たちはどうだったのか、それも覚えていない。
それくらい、いっぱいいっぱいだったのだろう。

ようやく肩の荷が下りた帰り道。

もうずいぶんと涼しくなっていた。

蜃気楼は、もう見えなかった。

f:id:kappou_oosaki:20200818181845j:plain

なつのいろ。