大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

痛みと色彩。

灰色の世界、という表現がある。

 

こころが曇ったとき、

痛みとともにあるとき、

あるいは袋小路のようなこころの迷路に入ってしまったとき。

そんなとき、目に映る世界を表現した言葉だ。

 

目の前に広がっている澄んだ空が、まるでそこには存在しない。

ときが満ちて咲く花も、その人の世界にはいない。

 

灰色の世界とはよく言ったものだが、強いて言うならば、灰色という色自体も、存在しない世界、なのかもしれない。

 

痛みは、色彩と遠いところにあるようだ。

 

 

色彩、あるいは色は、不思議だ。

 

それはただ単に、物体に当たった光の反射に過ぎない。

その物体が、どの色を吸収し、どの色を反射するのかという、分光反射率とやらによって、私たちが見ている色は決まる。

 

それなのに、なぜ、灰色の世界があるのだろう。

 

暖色、寒色という表現があるように、色には温度が、体温がある。

 

痛みがあるときは、それを感じられなくなる時なのだろうか。

 

もし、そうだとしたら。

 

丁寧に世界の色を観ることは、ある種の痛みを癒すのだろう。

 

f:id:kappou_oosaki:20210226175743j:plain

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________