大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

痛みの記憶、あるいは写真について。

鋭い痛みが、左の親指に走った。

 

やってしまったと、瞬間的に思った。

 

調味料のガラス瓶の蓋のプラスチックの部分を、ゴミの分別のため外そうとしていた。

 

横着をして、手近にあったフォークの先を使って外そうとしたが、思いのほか、その蓋は固かった。

 

何とか蓋を外そうと、力を入れているうちに右手が滑って、瓶を持っていた左手の親指を刺してしまった。

 

親指の爪の隙間から、赤い血がみるみる滲んでくる。

 

それを見ているだけで、痛みが増したような気がした。

 

わざわざそんな面倒なことをしなければよかったのに、

 

横着をせずに、別の方法でやればよかったのに。

 

ティッシュで親指を抑えながら、そんな考えても仕方のない後悔が、次々と頭をよぎる。

 

 

痛みは、不思議だ。

 

それは、ぼんやりと眺めていた世界を、急に画素数を上げて見ることを要求してくる。

 

痛みがあると、ある意味で世界は鮮烈に見える。

 

それは、自意識を強烈に、あるいは暴力的なまでに、「いまここ」に呼び戻すからか。

 

それは、その痛みが走っている瞬間だけのみならず、時間が経ってからも、同じかもしれない。

 

後から振り返った時に、その痛みを抱えていた時間の記憶が、その前後とは異なるように。

 

 

痛みには、肉体的なそれと、こころのそれがある。

 

深く傷ついて、痛んでいる時、世界はその鮮烈な姿を見せる。

 

痛みは、ある種のフィルターなのかもしれない。

 

いや、逆か。

 

痛みが、ぼんやりとしたフィルターを、剥がすのか。

 

いまここに引き戻された意識は、左の親指を見つめる。

 

爪の根元が黒く滲んでいく。

 

もとの色に戻るのに、どれくらいかかるだろうか、などと考える。

 

指の先の、痛みとともに。

 

 

その痛みは、ある種の映像を私に想起させた。

 

こころがとても痛んでいた時期に、撮った写真。

 

素数の荒い、枝垂れ桜の色は、いまもどこかに眠っているようだ。

 

 

たとえば、こころが深く痛んでいたとして。

 

その時期に撮った写真は、どこか、痛みを帯びる。

 

レンズを通して世界を見るように、世界はまたレンズを通して撮影する人を見つめている。

 

写真には、その世界が見た撮影者の姿もまた、映っている。

 

ときに、痛みが。

ときに、よろこびが。

ときに、その鼓動が。

 

ことばも、同じだろうか。

 

f:id:kappou_oosaki:20200128193202j:plain


________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________