大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

梅雨明けに想う、鉢植えのアサガオ。

気付けば、名古屋でも梅雨が明けていました。

 

平年よりも2日ほど早い梅雨明けだったそうですが、梅雨入りが5月16日でしたので、観測史上最長の梅雨だったそうです。

約2ヶ月間の梅雨とはいえ、印象としては平年と変わらない梅雨だったように感じます。

梅雨明けした後に、しばらく晴れの日が続いていたからでしょうか。

 

梅雨明けしたからというわけではないですが、連日朝から30度近い気温と強い陽射しに、まさに盛夏を感じます。

 

あぁ、今年もこの季節がやってきた。

いや、やってきてしまった。

 

訪れとともに、過ぎ去ってゆくことに想いを馳せる、盛夏。

どこか切なさを覚える、盛夏。

 

f:id:kappou_oosaki:20210720192809j:plain

 

この色の空を見上げていると、はるか昔の子どもの頃の記憶を思い出します。

 

梅雨明けとともに終業式があって、夏休みが始まる。

持ち帰る大荷物の中に、アサガオの鉢植えを両手に抱えて。

アサガオを育てているということは、小学一年生のころの記憶でしょうか。

 

運動場に集まって、順に集団下校がはじまる。

 

汗をかきながら、黄色い帽子のつばから覗く太陽の光は、虹色に見えました。

 

どこまでも広がる、夏色の空。

どこまでも力強い、入道雲。

 

世界はどこまでも、広がっていきそうな、そんな解放感。

 

あの日の私は、どこにつながっていたのでしょう。

 

そんなことを思い出させてくれる空の色、力強い陽射し。

 

どうしたって、夏が好きです。