大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

青空は、思ったよりも。

週間天気予報を見ていると、曇りか雨のマークがずっと続いているようです。

梅雨明けは、まだまだ遠いようです。

 

そんな日が続くので、外に出るタイミングを図りながら、空模様とにらめっこをしています。

気温も上がってきましたが、やはり外に出て歩くことは、じめじめした中でも心を落ち着かせてくれるようです。

 

少しずつ雲が流れていくのを見て、えいっと外に出て、ランニングと散歩の間の子のような歩調で、歩き始めます。

 

f:id:kappou_oosaki:20210711215634j:plain

 

夏らしい、極彩色の花。どこか、南国にいるような。

シンプルな白い色も夏にはよく似合いますが、このような濃密な色もまた似合うのが、夏の不思議さです。

 

まとわりつくような湿気と、生暖かい風は、否が応でも全身の汗腺を開いてくれます。

すでにシャワーを浴びたくなりますが、ガマンガマンと歩みを進めます。

 

出かける前は暑くて面倒だったのですが、出かけてしまえば楽しいものです。

始めるまでは億劫ですが、始まってしまうと楽しくなるのは、何でも同じようで。

 

いつものコースからは離れて、少し違うコースを歩いてみようと思い立ちます。

少し離れた場所にある、大きめの公園を目指します。

 

歩いているうちに、空の雲はどんどん切れていき、青空が見えるほどになってきました。

同時に、強い日差しに体感気温は一気に上がり、真夏のような感覚になります。

 

f:id:kappou_oosaki:20210711215648j:plain

 

公園に着くころには、ずいぶんと晴れていました。

ここのところ、見ていなかった空の色と、雲の形と。

久しぶりの、青空。

 

公園の小高い丘に登って、しばしその空を眺めていました。

 

f:id:kappou_oosaki:20210711215659j:plain

 

びっくりするくらいのスピードで流れていく雲と、変わりゆく空の色。

しばらくすると、真夏の空の、あの色を思い出させる色を眺めることができました。

この色の空が見えたら、梅雨明けも近いのかもしれません。

 

曇りの日は、曇りの日の。

雨の日は、雨の日の、美しさと楽しみがあります。

 

それはそうなのですが、やはりこの青空の色は格別なようです。

どうして、この色になったのか。

そして、どうして夏になるとこの色になるのか。

不思議なものです。

 

何気なく広がる、青空。

思ったよりも、すごい奇跡を、いつも眺めているのかもしれない。

 

そんなことを想う、梅雨明け間近の午後でした。