大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー。それでも、愛することを諦めきれないあなたへ。

新年雑感 ~ランニングと自覚と筋肉痛と。

2019年の二日目。

年が明けるというのは、世の中の雰囲気がそうなるのか、気分が一新される。

御多分に洩れず、年が明けると私も今年の抱負とか、新年の目標とか、そのようなことを考えるのだけれど(昨日も「ブログ・ポリシー」を設定してみたりもした)、

ほんとのところは、毎日が新しい一日で、二度と戻ってこない一日なんだよな、とも思う。

それを自覚して生きられたら、これほど尊いことはないのだけれど、悲しいかな人間の最も偉大な能力の一つである「慣れ」に抗うことは、ほんとに難しい。

2,500年ほど前にお釈迦様が仰った言葉をもとにした仏教が、よく「自覚の宗教」といわれるように、大切なことは何度も何度も自覚しないと、日々の雑多なことのなかに埋もれてしまうようだ。

さて、しばらくサボっていたランニングを、大晦日からまた再開している。

以前ほどストイックに走るつもりもないが、心地良い程度に走り続けたい。

f:id:kappou_oosaki:20190102194809j:plain

今日は、新春らしい抜けるような青空が広がっていた。

義実家のまわりなのだが、やはりこういう広い場所を走るのは気持ちがいい。

f:id:kappou_oosaki:20190102194824j:plain

近所の神社もランニングコース。

小さいのだが、流れる空気が気持ちいい神社。

鳥居に刻まれた年月を見ていると、明治期に建立されたようだ。

f:id:kappou_oosaki:20190102194835j:plain

少し走ると、海岸にたどり着く。

冬の誰もいない海岸を黙々と走る。

聴こえてくるのは、波の音と海猫の声。

ふと振り返り、自分の足跡を眺める。

孤独な減量ボクサーのようだと浸り、一人悦に入る。

男はやっぱり、特訓して訓練して練習してヒーローになりたい生き物なのだ。

f:id:kappou_oosaki:20190102195530j:plain

犬か猫か狸か分からないが動物の足あとと、自分の足あと。

眺めていて飽きない。

昨日一昨日とこの砂浜を走っていたら、ふくらはぎと腹筋が筋肉痛になった。

久しぶりの筋肉痛も、心地いい。

筋肉痛が心地いいのは、マゾ心が刺激されているように思う。

世の男性の多くが筋トレを好むのも、このあたりと関係しているように思う。

f:id:kappou_oosaki:20190102195519j:plain

使わない筋肉は、落ちる。

やらなければ、衰えていくだけ。

筋肉痛に、それを実感する正月。

だからといって、我慢したり犠牲したり無理しても、長く続かない。

息を吸って吐くようにできることを見つけ、周りと比較せず踊らされず淡々と続ける。

ということで、今年も書き続けようと思う。

f:id:kappou_oosaki:20190102205618j:plain