大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

CHAGE and ASKA 「HEART」に寄せて

何年経っても、折に触れて思い出す言葉、というものがある。

 

心の琴線に触れたその言葉は、時間を越えて何度でもその人を励まし、勇気づけ、癒し、そして喜びを与える。

 

それは、

ある小説の一節かもしれないし、

ある舞台の中の一シーンの言葉かもしれないし、

ある漫画の一コマの中の台詞かもしれないし、

ある歌の一フレーズかもしれない。

 

人は18歳の頃に聴いた音楽を、ずっと聴き続けるという話を以前に書いたような気がするが、やはり思春期から18歳ごろまでの間に見聞きした言葉が、多いのかもしれない。

 

 

私にとっては、CHAGE and ASKAの「HEART」の歌詞の一節が、そうだ。

 

Wiki先生に聞いてみるとリリースが1994年8月3日、「NATURAL」・「On Your Mark」とのトリプルA面シングルでの発売だったとのこと。

 

「シングル」という、令和の今となっては、もう化石のような8cmのCD。

 

自宅にあったCDプレイヤーが、シングルサイズのCDに対応していなくて、白いドーナツ型のアダプタを装着していたのを思い出す。

 

当時の私は14歳、まさに中二病真っ盛りのお年頃。

 

そんな年だからこそ、こころに刻まれたのかもしれない。

 

当時のCHAGE and ASKAといえば1991年にリリースしたシングル「SAY YES」が282万枚、1992年にはベストアルバム「SUPER BEST Ⅱ」が269万枚、1993年の「YAH YAH YAH」が241万枚のセールスを記録していた時代。

 

リリースするシングルがことごとくヒットを重ね、まさに「神がかっていた」ように思う。

 

そんな時代にリリースされた「HEART」に、私は心惹かれた。

 

前作「YAH YAH YAH」を思わせるような、アップテンポの爽快な曲調。

 

されど、私が惹かれたのは、その歌詞の繊細さなのかもしれない。

 

それは、CHAGE and ASKAの作品すべてに言えることではあるけれど。

 

歌い出しの切なさと、その世界観、唯一無二。

 

そして、このエントリーの冒頭に書いた「何年経っても、思い出す言葉」というのが、これに続いていく。

 

Bメロのフレーズが、たまらなく好きで。

 

なぜか?と説明しようと思うのだが、なかなか困難らしい。

 

「貨物船のように」、「言葉の船底」…この言葉の選び方が、神がかっている。

 

なぜ?と聞かれても、いや、いいんだよ…ことあるごとに、思い出してしまうんだよ…という答えしか出てこない。

 

そういうものなのだろう。

 

 

ということで、今日はただCHAGE and ASKAの「HEART」が好きだ、という内容に終始してしまった。

 

折に触れて、思い出すような言葉。

 

そんな言葉を、私も書いてみたい。

 

f:id:kappou_oosaki:20191210160805j:plain

「HEART」が収録されたアルバム、「Code Name.1」。

25年の時を経ても、まだ聴いている。

 

__________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇今日の書斎:2019/12/10

1.寄稿記事:「王道と覇道(仮)」 構想中

2.ものがたり 構想中

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________