大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー。それでも、愛することを諦めきれないあなたへ。

「タフさ」ってのも、いろいろあっていいと思いますよ、と彼女は言った。

「……うぅ…」

「もしもし?」

「…うぅ…」

「もしもーし、どうしたんですか?調子悪いんですか?」

「いや…鬼のような二日酔いで…」

「何だ、心配して損した。〇ねばいいのに」

「いや…二日酔いの辛さは、いっそ〇んだ方が楽になるような気がする…って、それはそうなんだけど、心配してくれよ。名誉の二日酔いなんだから」

「は?名誉?」

「いや、昨日、というか今朝まで、お客さんに付き合わされて」

「ふーん」

「営業としては、大事な仕事だろ?だから名誉だよ…」

「へぇ…そんな安土桃山時代の文化みたいなのが、まだ残ってるんですねぇ」

「いや、安土桃山時代には飲みニケーションはなかったと思うが…それでも、好きな人は好きだからなぁ。特にウチの業界は、好きなお客さん多いよ」

「ふーん…そうやって、途方もないお金と時間をかけて、どうでもいい会話と大量のおしっこをつくるのが仕事と言い切る…うむぅ…仕事とはいったい…」

「いや、そんな露骨に言わなくても…」

「なんでそんなに夜更かししてまで飲むんですかね?」

「なんでだろうな?…けど、飲んでて楽しいと、時間忘れるじゃん?」

「いやー、ないですね。アタシ、最低10時間は寝ないとダメなんで」

「10時間って…幼稚園児みたいだな…それにしても、2時くらいはまだまだイケる!と思うんだけどな…4時を回った時の、『あ、やっちゃった、コレ』感は半端ないよなぁ。なんなんだろな、あの2時間の差は」

「知らないですよ、そんなの」

「ほら、夏とかだと、店を出たとき、すでに日が昇ってたりしてさ。黄色いんだよな、朝まで飲んだ時の太陽の色って…明らかに身体に悪いというか」

「ふーん。アタシは一生見ない色ですね」

「それにしても、いつも思うけど、ほんとそういうお客さんって、タフなんだよ」

「へぇ」

「もういい歳なのに、いつもそんな時間まで飲んで、全然眠そうにしてないもんなぁ」

「まあ、慣れてるんでしょうね」

「慣れだけかなぁ…」

「慣れですよ、漁師さんとかと同じですよ」

「漁師…たしかに。でも、こちとら翌日は確実に潰れるから、そういうタフな人は羨ましいよね」

「いや…あんまり羨ましくないです」

「そうかなぁ。もっとあんなふうにタフになりたいなぁ…」

「そうかもしれないですけど、『タフさ』ってのも、いろいろあっていいと思いますよ」

「いろいろ?」

「そうそう。別にローマかどっかの剣闘士みたいなタフさもあれば、お酒がバカみたいに強いみたいのもあるかもしれないし、そうじゃなくて早寝早起きをちゃんと続けるってのも、タフさかもしれない」

「早寝早起きがタフ、かぁ…たしかに、いろんなタフさがあるな」

「まあ、自分に合ってる生活を続けられるってのが、一番タフな人だって言えるかもしれないですね」

「まあ、それはそうかもしれない」

「無理しても続かないですし」

「たしかになぁ」

「そう考えると、自分のことを知っている人ってのが、タフな人って言えるのかもしれない」

「うーん、それが一番難しいんだよなぁ…」

「まあ、見ててタフだな、とは思いますよ」

「ん、俺のこと?そうなのか。たとえば?」

「ええ、部長のあんな理不尽な説教に嫌な顔一つせず、顧客の無茶振りには喜んで応えて…」

「そう?もっと褒めてもいいよ」

「いや、タフっていうより、ドMなだけかも…」

「…褒められてない気がするぞ」