大嵜 直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

紡がれて、いま。

その日は墓参りに行く予定にしていた。

息子と娘はついてくるとは言っていたが、当日になると「遠い、めんどくさい」とぐずぐずと言い出す。

 

私は朝から少し感傷的になっていたのだろう。

「だったら最初からそう言え。予定決めた後で言うな」と怒ってしまう。

 

出がけから険悪なムード。

息子ぐらいの年だったら、墓参りよりも楽しい遊びをしていたいだろう。

そりゃ、そうだ。

 

私自身は、どうだったのだろう。

そんなことを思い返しながらの、行きの道中だった。

 

思っていたよりも、道は混んでいた。

いつもの感じだと、もう少し空いているような気もするのだが、感染症対策により例年とは少し違う年末年始なのかもしれない。

 

f:id:kappou_oosaki:20201230093241j:plain

少し時間はかかったが、正月用の花を買って目的地に着いた。

 

子どもの頃に、よく訪れた公園を脇に見ながら。

いろんな思い出が去来する。

 

f:id:kappou_oosaki:20201230093230j:plain

ようやく着いたお寺の境内を走り回る息子と娘。

今年は、除夜の鐘を撞かないところも多いと聞く。

 

少し風が冷たかったが、それでも師走にしては暖かいような気がする。

ブツブツと言っていた息子も、来てしまえば真面目に墓を磨いてくれた。

 

「なあなあ、おとうのおとうも、ここで生まれたの?」

 

「ああ、そうだよ。おとうのおかあも、そうだよ」

 

「ふーん。そのおとうは?」

 

「おとうのおとうのおとう…ややこしいな、おとうのおじい、きみからするとひいおじいになるのか…そのおじいも、ここで生まれたと聞いたような気がするな。ここの近くで、町工場をやってた」

 

「こうば?」

 

「ああ、鉄工所。たしか、航空機か何かの精密部品をつくってたって聞いたな。下町ロケット、そのままだな」

 

「したまちロケット?」

 

「ああ、飛行機の部品を加工してたそうだ。腕はよかったらしい。聞いた話だから、分からんけど」

 

「ふーん。おかあは?」

 

「おとうのおばあか?おばあは、奈良県の生まれだって聞いたな」

 

「なら?遠いなぁ。なんでここに来たの?」

 

「なんでだろう?聞いたことなかったな。あの時代のことだから、戦争もあっただろうしな」

 

「せんそう?なにじだいなの?」

 

「おとうのおじいは大正の生まれだったかな…?もう少しさかのぼると、すぐに明治、江戸時代だな」

 

「えど?ほんとに?」

 

「あぁ、そう考えると、すごいよな…そんで、おとうのおじいのおじさんか、親類の誰かが、日露戦争で亡くなったって聞いた」

 

「ふーん」

 

「そのうちの一人でもいなかったりしたら、おとうもきみも、ここにいないわけだからなぁ。そう考えると、すごいよな」

 

ふと見ると、息子はすでに聞いておらず、娘が見つけたミミズを気持ち悪がって遊んでいた。

 

私は、誰に話していたのだろう。

 

いや、息子は私に、その最後の言葉を言わせたかったのだろう。

 

私が、私自身に。

 

f:id:kappou_oosaki:20201230093221j:plain

紡がれて、いま。

 

見上げれば、帯のような雲が広がっていた。

 

「うわ、動いた、キモッ」

 

冬にしては、大きなサイズのミミズと戯れている息子と娘。

 

「そろそろロウソクと線香に火をつけようか」

 

私は仏花を飾りながら、そう口にした。

 

正月用の松の枝が、風に揺れていた。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________