大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー。それでも、愛することを諦めきれないあなたへ。

マスクで相手の表情が分からない中、話しをするのってほんとストレスなんです、と彼女は言った。

「はぁ…なんだかなぁ…」

「どうした、買ってきたビックリマンチョコを開けてみたら、全部ダブりだったみたいな顔して」

「なんですか、それ」

「いや、昔、ビックリマンチョコってのがあってな…」

「知ってますよ、今でもなんか別のキャラクターでコンビニで売ってるじゃないですか」

「あぁ、それをな、少ない小遣いを握りしめて駄菓子屋に買いに行くんだよ。そんでな、ワクワクして自転車ぶっ飛ばして、家に帰るんだよ」

「…」

「そんで、一人開封の儀をするわけだ。たくさん買った分、何か背徳感のようなものと同時にさ」

「…」

「けれど、開けれど開けれど、ダブり、ダブり、ダブり」

「何ですか、ダブりって」

「知らないのか、自分がすでに持ってるカードだよ。『頼む!』って願いながら、最後の一つを開けるも、それもダブり…そのときの、どんより感っていったら」

「どんだけ買ってるんですか…」

「残ったチョコを食べるときの、切なさよ。甘いはずのチョコが、涙で塩辛く感じてさ」

「知らないですよ、また買えばいいじゃないですか」

「いや、全盛期は全然買えなかったんだよ。駄菓子屋、スーパー、どこでも入荷すると即完売でさ…だから、ショックも大きくてなぁ」

「いや、そういうコレクターズ・スピリット、全くないんで…理解できないです」

「まあ、いまでもよくあるじゃん?ほら、ユニクロがマスク売ったり、某デザイナーとコラボしたりするすると、店に行列ができて、ECサイトのサーバーがダウンする、みたいな」

「そう!マスクですよ、どうでもいい話で、忘れるところでした。

「どうでもいいって…」

「いや、どうでもいいでしょ、ダブりとか。それより聞いてくださいよ。さっきまでお客さんとのリモート打合せに参加させられたんですよ」

「ほう」

「アタシ、裏方がいいのに、リモートなら参加できるだろ、直接話した方が早いからって言われて」

「へえ。まあ、いいんじゃない」

「そんで、会議室からつないだんですよ。そしたら、参加者みんなマスクしてるの」

「へえ」

「なんでリモートなのにマスクしてるんですか?意味なくないですか?」

「まあ、つなぐ場所によっては、周りに人がいたのかもしれないし」

「えー、リモートでつなぐ意味なくないですか?」

「まあ、打合せをするって目的は達してるわけだから。マスクして打合せするの、イヤなの?」

「嫌ですよ。だって、ただでさえ画面越しなのに、マスクしてると表情分からなくないですか?」

「ああ、そうだなぁ」

「いや、ほら、アタシ、まわりの空気に敏感な方だから、それだけに、表情とか分からないとしんどくて」

「まわりの空気とかに敏感な人は、聞いて聞いて!のマシンガントークはあんまりしないと思うぞ(そうだよねぇ、それは大変だよねぇ、ほんと)」

「ちょっと、ぎゃく、逆!思ってることと言ってることが!」

「ああ、すまんすまん…でも、確かにリモートで、口元も隠されるとつらいよね」

「そうなんです、ほんと。なんで口元が見えないと、なんか不安になるんですかね」

「『目は口ほどにものを言う』って言うけど、口元って大事だよなぁ。口角が上がってるか、下がってるか、それだけでも全然違うもんな」

「ほんと、マスクが当たり前になっちゃって、相手の表情が分からない中、話しをしたりするのって、ほんとストレスです」

「ああ、なんか、それが当たり前になっちゃってるよな…悲しいことに」

「いつまで続くんですかね、この罰ゲーム」

「んーなかなか、すぐには難しいよな、コロ助もまた元気になってるし」

「え―…」

「表情が分かるマスク、だれか開発しないかな」

「透明のマスクとか?」

「あぁ、いいな、それ。サランラップでも巻いておいたら?」

「そうそう、こうやって、こうやって、ぐるぐるっとね……って、息できないですよ!」

「ああ、すまんすまん。でも、なんか嫌だよね、表情を隠してコミュニケーションするのってさ」

「ほんと、つらたん。。。」

「まあ、すぐにってのも難しいかもしれないけど、またいつか相手の表情を見ながらコミュニケーションを取れる世の中になってほしいよね」

「ほんと。まあ、表情を見なくても別に構わない人もいますけど」

「え?なに?誰?」

「いや、いつもぼんやりして無表情な、あなたのことです(さあ、誰でしょう?)」

「おい、ぎゃく、逆!」