大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

サイドミラーに映る桜を眺めながら。

いつの間に、こんなに暖かくなったのだろう。

少し夏を想起させる車内の熱気に、春の訪れどころか、初夏の気配すら感じる。

 

季節は留まらない。留まっては、くれない。

 

ひらひらと、足元を黄色い蝶が舞った。

 

これだけ暖かくなると、いろんな生きものがその陽気に誘われてくるのだろう。

 

そういえば、先日、息子が越冬させようとしていたクワガタ2匹のうち、1匹が出てきた。

乾燥しすぎるとよくないため、霧吹きで湿気を与えようと、息子と昆虫ケースの蓋を開けたら、大きなクワをもたげて怒っていた。

 

いるはずのないものがいると、驚くものだ。

 

「おわ、もう出てきてるじゃん!」

と、腰を抜かしそうになった私を横目に、息子はニタニタとしていた。

 

越冬すると知識で知ってはいたものの、それでも実際にその姿を見ると、驚いてしまう。

いったい、どうやって冬の間を過ごしていたのか、と。

 

冬の間の長い眠りから覚めて、また活動し始めたクワガタを見て、生命の不思議さと神秘を想う。

 

そんな先日の出来事を思い出しながら、車で市内を走る。

 

そこかしこで、淡いピンクの色が、咲き誇っているのを見かける。

 

もう、いまが盛りだろうか。

 

はらはらと、花びらが舞った。

 

その淡い色が惜しくて、サイドミラーを流れていくその色を、ずっと眺めていた。

 

桜が、流れていく。

 

季節が、流れていく。

留めることも、留まることもしないで。

 

誇ることも、しないで。

 

桜は、ただそこにあった。

 

f:id:kappou_oosaki:20210330193641j:plain