大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

春が訪れることに、原因などありはしないように。

いつもの通り道、ふとしたピンク色に気づく。

 

いつもと違う、まんまるとした、やわらかな蕾、やさしい色合い。

 

f:id:kappou_oosaki:20210308162709j:plain

 

その木が花を咲かせることすら、意識になかったのに、このふくらみ。

春の色と形は、どこか官能的だ。

 

ここ数日、寒の戻りなのか、冬に逆戻りしていくような肌寒さが続いていたが、それでも春は歩みを止めないようだ。

 

時は滔々と流れ、春は訪れ、いつしか去っていく。

 

そのことに、何の原因もない。

 

同じように、過去も、自分自身も、いまこの世界も。

 

いま、そうであることに、何の原因もないのかもしれない。

 

寒の戻りがありつつも、春は進んでいくように。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________